業務内容

当社の事業内容

当社は水産品を中心とした食品卸事業を行っております。
グループの中核会社である『マルハニチロ(株)』の扱い商品はもとより、輸入商社、食品流通業者、加工業者、漁業者など、多岐に亘るチャンネルより仕入れを行うと共に、配送ネットワークにより、四国を中心に日本各地への供給をしております。

配送地区としては、当社自社便、及び提携の運送便により香川県の東讃〜西讃地区、愛媛県は四国中央市から東予、中予、また八幡浜から宇和島にいたる南予地区までをフォローし、皆様のニーズに応えられる態勢を整えております。

ネットワーク図

取扱品目

魚介品

鮮魚
鮮魚
鮮魚(前浜 及び 各地よりの送りもの)買付は地場漁協などのセリ、相対品(高松中央卸売り市場、観音寺、仁尾、多喜浜、各漁協ほか)
冷凍エビ
冷凍エビ
輸入えび(ブラックタイガー、バナメイ、天然えび、ムキエビ、ロブスター、その他)国産えび(芝えび、じゃこえび、クルマえび、シラサえびほか)
凍魚
凍魚
かに類、イカ類、タコ類、貝類、鮭鱒類、青物類
魚卵
魚卵
助子、いくら、数の子、ししゃも卵、サワラ卵、タラ卵、とび子ほか
冷凍食品
冷凍食品
コロッケ、ハンバーグ、グラタン、メンチカツ、唐揚げ、各種蒲焼、フライ、海老カツ、餃子、ピラフ、焼売、たこやき、クレープ、その他デザート品、ほか

畜肉

畜産品
畜産品
モモ正肉、ムネ肉、手羽、砂肝、ハートほか焼き鳥製品を含めた鶏肉商品、ポークウインナーなど豚肉商品

惣菜

珍味
珍味
魚類の一夜干し、甘露煮、姿煮、濡れ珍味各種
惣菜
惣菜
昆布巻き、シメサバ、寿司だね、ほか

原料

すりみ・練り製品
すりみ・練り製品
すりみ原料(助宗ほか)、練り製品(ジャコ天、ちくわ、天ぷら製品ほか)
地産品・凍結品・加工品
地産品・凍結品・加工品
さより、タイ、サワラ、タコ、イカ・・・・など
マルハニチログループ

マルハニチログループは、コアとなる水産物を中心に、多様な食品分野への事業を展開しています。
豊かな世界の資源を世界の食卓へ。
地球規模のネットワークを駆使しながら、スケールメリットを次々と生み出し、豊かな「食」に貢献を続けています。

マルハニチログループの成長を支える水産物調達力と商品開発力

世界中で水産物に対する需要が高まり、マーケットがグローバル化するなか、マルハニチログループは世界最大規模の水産物取扱量を誇る企業として、獲るだけでなく、加工販売までを網羅する一貫したサプライチェーンを構築しています。安全安心はもちろん、鮮度やおいしさを保つ加工技術を極め、水産資源の有効な活用に取り組むとともに、先んじて取り組んできた技術革新により「つくり、育てる漁業」を実践するなど、限りある水産資源の調達と供給を実践しています。

また、世界中にひろがるおいしい素材を調達し、高度な加工技術とグローバルなサプライネットワークを駆使し、冷凍食品・缶詰・フィッシュソーセージ・レトルト食品・カップゼリー・健康食品などを、日本市場を中心に世界へお届けしています。その商品開発力がマルハニチロの進化と多角化を実現。「介護食」など、常に新領域の商品開発に取り組みながら、総合食品ブランドを構築しています。

事業価値の最大化をはかり、事業領域ごとに11ユニット

マルハニチログループがめざすのは、世界最大かつ世界で唯一の価値を提供する水産物サプライヤーです。と同時に、水産物におけるその圧倒的優位を生かし、厳選された素材をもとに、たくさんの「おいしさ」と「しあわせ」を創造する食品メーカーとしての領域拡大を図っています。
事業持株会社であるマルハニチロ株式会社を中心として、グループ事業を11ユニットに分類し、統一的な戦略のもと、世界規模で事業価値の最大化を図っています。

水産物の未来
水産物も産地・管理の認証制に!

漁業資源の恩恵を受けてきた諸外国においても、無尽蔵に思われた水産資源が今や乱獲による資源不足の危機に面しています。それだけに新時代に向けた水産資源の量的・質的な確保を図っている現在です。

[天然魚関係]

❶MSC認証(Marine Stewardship Council)マークにご注目!

1997年:国際的な非営利団体としてMSC:海洋管理協議会が創設されました。
将来にわたり天然魚の安定と安全な確保と供給のための組織で、ロンドンに本部を置きます。持続可能な漁業の推進団体として、世界の水産関係企業が約2800社加盟しています。

  • 行業関係への働きかけ~商業面での働きかけ~消費者への働きかけ~教育・啓発~途上国との協働などが主な業務です。
  • 統一したエコマークを提供するために国内ではMEL(MarinEco-L abel)ジャパンが運営管理しています。大型量販店で添付されたシールを目にされているかと思います。
  • 他にもRFM(2010年:アラスカ)、IRF(2008年:レイキャビック)という団体もあります。

[養殖魚関係]

❷ASC認証(Aquaculture Stewardship Council)マークにご注目!

2010年:WWF(世界自然保護基金)とIDH(オランダの持続可能な貿易に関する管理組織)によって、水産養殖管理協議会が設立されました。養殖漁業における安心と安全な水産物の供給、責任ある漁業者の管理を目指した世界組織でユトレヒトに本部があります。

  • 養殖漁場の資源的、環境的な管理を図ることで、安心できる品質の養殖水産物の供給を推進しています。
  • そのための自然環境の持続可能な整備や、漁業従事者の労務管理も促進し、安心できる生産地の育成・保全に努めています。
  • 他にもBAP(2003年:ポーツマス)という団体もあります。

❸マルハニチロ(MN)グループの取り組みの一例

わが国では人気が高く需要の多い、“カンパチ”“ブリ”“クロマグロ”の養殖において最先端の技術と関係者の努力により、2017年~2018年にかけてASC認証マークの取得魚の出荷実現や、今後の認定に向けて鋭意取り組み中です。ご期待ください。

2020年:オリンピックだけじゃない、2つのビッグチャンスが!!

世界が注目する2020年の東京オリンピックは、参加国数~参加種目においてこれまでにない規模が想定されています。それは水産資源業界にとってもビッグチャンスなのです。

❶オリンピックでのレストランで提供される水産物は「MSC&ASC認証品」が優先される!

2012年:ロンドン大会、2016年:リオ大会でも選手村レストランで優先的に採用されました。さらに2020年:東京大会では、より厳格に認証マーク水産品が採用となります。
大会そのものが「持続可能な大会」を宣言しているだけに自然の流れだと言えますし、こうした機会に世界的に取り組んでいる水産資源の保全活動が広く認知されることは、素晴らしいことだと言えます。
またオリンピック村のレストランだけではなく、参加国選手団の練習場提供地においても、定評ある日本食がさらに安心度とおいしさを増して、提供できる良い機会にもなるでしょう。

❷2020年に、193の国連加盟国による合意形成のタイムリミットが!!

漁業資源の乱獲問題は二国間の紛争から世界的な資源不足の危機を迎えています。乱獲~IUU漁業(=違法・無規則・無報告漁業)への警鐘は高まるばかりです。そのための国際協調を図る提唱がMSY(=最大持続生産量)です。現状の乱獲から最低でもMSYレベルに回復さそうという宣言で2020年が期限なのです。

東京オリンピックでの水産物のトレサビリティ(=我が国が得意とする管理力)、水産資源市場を創出し、さらに保護・保全を率先してきた我が国の姿勢は、2020年に高く評価されることになるでしょう。

マルハニチロ(MN)グループは、こうした水産資源の啓蒙、推進活動全般の世界的な活動団体へ加盟し、率先して活動している企業です。
弊社:観音寺海産もその一員として市場は四国エリアですが、国内外を問わず安全で新しい水産物の開発や仕入れ~卸と流通機能や情報力を高めてまいります。四国でのトップサプライヤーを目指す弊社にご期待ください。

観音寺海産株式会社
〒768-0076 香川県観音寺市港町一丁目5番1号
お問い合わせは、お電話・FAXまたはメールフォームをご利用ください。
TEL 0875-25-4666 FAX 0875-23-2929
マルハニチログループ